ゴールデンの、りきまる情報館ホーム

大型犬ゴールデンレトリバーの情報 大型犬のペット用品を紹介/犬・ゴールデンレトリバーの気持ち

犬・ゴールデンレトリバーの気持ち

ゴールデンレトリバーに何の気遣いもなく、襲い掛かってくる人間がいます。
ゴールデンレトリバー】=【おとなしい】=【何をしてもいい】、と勘違いしている人間が多いです。
間違いです。ぬいぐるみやロボットの様に、一括して作られた物ではないのです。

去年、人間の都合で飼われ、人間の都合で飼えなくなり、人間から虐待されたあげく、山中に捨てられ、
現在、優しい人間に保護されているゴールデンレトリバーの男の子に会う事ができました。

このゴールデンレトリバーは、人間が、そ〜っと近づいただけでも、”こっちへ来るなよー”と、うなる・・・。

それ以上の事をすれば、”やめてくれー”と、犬が唯一自分を守ることができる行動に出ます。つまり、噛み付く・・・

噛み付く、それをすれば、その嫌な巨人はすぐに自分から離れ、
二度と手を出してこない事を知っているからです。犬の気持ち分かってあげてください。

しかし、触られただけで噛み付くことをすれば、犬が当然悪者にされてしまいます。
だから、”お願いだからこっちへ来ないでくれー”と言っている犬に、この犬の気持ちのわからない人間はそれ以上近づかないで下さい。
犬のためにです。犬の気持ち分かってあげてください。

怖がりなゴールデンレトリバーの気持ち

数年前、私が日本猿と遊んだあと、知り合いのゴールデンレトリバーの女の子に会いました。
(この猿も一般には強暴だと見られている猿で人が近づくとかったっぱしから牙を剥き出しにして威嚇しまくり、
手を出せば噛み付きそうな猿なんですが、私には背中を向けて毛づくろいを頼んできます。
私が子供の頃に、同じようなお猿を飼っていたからでしょうか・・・。
遊んだあと手はお水でよく洗いました。)


お猿さんの記事はブログでご覧ください。

怖がりなゴールデンレトリバーだと言う事は知っていていましたが、いつもの様に、体を撫でてあげようとした時、
カブリッ(噛み付く)!!一瞬の出来事でした・・・噛む事をされた私の左手は、しばらくの間(ほんの何秒だと思いますが)、
その女の子の口の中でビクトモ動きませんでした。犬歯が完全に手首の中に入ってしまいました。

痛みとともに、なぜだ???

そうです。猿です。嗅いだことのない猿の臭いがその手や体からムンムン湧き出して、
猿の様に見えてしまった私を怖がりな犬は敏感に反応して仕留めてしまったんだと思います。

私は、自分の気遣いのない行動に深く反省して、怖い思いをさせちゃって、ごめんね・・・ごめんね・・・怖かったね・・・と、
出血が止まらない手首をギューーっと押さえながら、深々と心の底から謝りました。
あ〜、何でこんな事がわかってあげられなかったんだと、自分でショックでした・・・。

このゴールデンレトリバーの女の子は、そのあと少しお散歩を一緒にしていたら、だんだん落ち着いてきました。
血液の臭いもかなりしたのでしょう。そして私に、純粋な目でこう言って来ました・・・。
ごめんね、大丈夫?噛むつもりなんてなかったの。ビックリしちゃって。。。ごめんね。なんで逃げないの??どうして怒らないの?ごめんね、ごめんね・・・。
鼻でクンクン私の顔に近づいて何度もこう言ってくれました。

ここでやっと、この犬と人間の大切な信頼関係が築けたように感じました。
30分ほど経っていたでしょう。そして別れ、私は痛みを伴った手を押さえながら、こっそり病院へ急ぎました。

この犬の飼い主の人間さまには謝られましたが、逆に私が、犬に怖い思いをさせてしまってごめんなさいと謝りました。

私の怪我より、この犬の心の傷のほうがもっと深いことを感じたからです。
私は手より、胸がとっても痛かったです。
そして、犬は悪い事をしているのは自分で分かっている。だからこれ以上、犬をただ叱ることはしないでくださいとお願いしました。
そして、もう少しこの犬の気持ちを考えて、守ってあげてくださいとお願いしました。

ちなみに、ゴールデンさんの犬歯が完全に入ってしまった時、傷は2〜3センチのかなり深いところまで行きます。
腫れますし、正直かなり痛いです。
幸いに血管はそれましたが、筋肉の下の白い筋のようなのが切れてぴロぴロ〜となっているところまで確認できました。
病院では、針と糸で縫わず、開放治療?のような名前でしたが、テープのようなものでふさぎ、
部分麻酔をかけて毎日奥の方まで消毒をします。
破傷風の予防注射も当日打って、その後2回打ちました。
写真は1か月後ものです。数ヵ月後には1センチくらいのあとが残るだけです。

犬の習性とゴールデンレトリバーの気持ち

犬の気持ち・・・犬の立場で、本気で考えた事ってありますか?

犬は物ではないので、人間と同じように気持ちがあるのです。

犬の聴力は、人間の3000倍から5000倍だといわれています。
人間に聞き分ける事が出来ない1000メートル先の物音も聞き分ける事もできるのです。
犬の嗅覚は、人間の1億倍まで感知できるといわれています。
まず、これらの優れた能力があることから犬の気持ちを分かってあげてください。

ゴールデンレトリバーの行動Q&Aもご覧下さい。

★玄関のチャイムが鳴る・・・
犬にとっては、突然、爆弾が鳴っているんです。
そこへ人が来ています・・・爆弾を鳴らす怖い人が来た!と思います。

人間が好きな犬には、この爆弾の音は、好きな人が来た合図になります。
しかし、人間を何かの事情で怖がっている犬には、とてつもない恐怖の始まりの合図なのです。

怖いから、怖いよ〜近づかないでよ〜と、うなって、吠えている犬に、頭ごなしに叱らないで下さい。
うなる、吠えると言う行動は、犬にとっては言葉なのです。犬の気持ち分かってください。

★雷が鳴る・・・
音に敏感な犬にとっては、戦争がはじまって空で戦闘機が飛びかい、原子力爆弾が落とされているのです。

そして犬はこの戦争のはじまりを、人間よりも少し前からすでに聞こえています。
犬の気持ち分かってあげてください。

戦争が始まって、怖がって震えている時に、何を怖がっているんだ、この犬は・・・。なんて馬鹿な事を言わないで下さい。
空襲警報が発令されて、防空壕の中で体を寄せ合い励ますように、、大丈夫だよ。。。大丈夫だからね。。。と言ってあげてください。

雷が遠ざかって、人間にはその音が聞こえなくなっても、犬にはまだその音は遠くで聞こえ続けています。
犬の気持ち分かってあげてください。

★散歩中に突然人間が近づいてきた・・・
犬の目線では自分の何倍もある高さの巨人が近づいてきているのです。

小さい犬には、その感じる大きさが、大きい犬の何倍にもなります。
その巨人が、大きな声を出しながら、手を前に出してこちらに襲い掛かって来ているんです。犬の気持ち分かってあげてください。

人間が大好きでいつもその手が気持ちよく触ってくれていると理解している犬は、巨人が来ても、何の抵抗もなく受け入れ態勢が出来ます。
しかし、その巨人に何か怖い事をされた経験のある犬は、何をしに来た!その手で一体何をしようとしてるんだ!!と警戒態勢に入ります。

その巨人の大きな大きな怖い手が、頭の上に来た〜〜!!!ガブツ!!噛み付く・・・噛み付いたその手をすぐには離しません。

もちろん、噛むということに対しては犬はにいけないことなんだと教えなくてはなりません。
でも、犬には立派な事情があるんです。犬の気持ち分かってあげてください。

怖いから、怖いよ〜近づかないでよ〜と、うなって、吠えているのに、頭ごなしに叱らないで下さい。犬の気持ち分かってあげてください。
恐怖心のある犬にとっては、うなること、吠えること噛むこと、それしかできないのです。

逃げ出す事ができる犬はその場から逃げ出そうとします。でも、つながれている犬や、怖がりな犬は、
自分に降りかかる危険から回避するために吠えるそして噛むことしか出来ることがないのです。犬の気持ち分かってください。

怖い体験をしている犬の気持ち

怖い思いを体験した犬は、自分の中で処理しきれなくなると、この思いは、長く残ります。
一生、その怖い思いを引きずってしまう犬もいます。賢い犬ほど、その傾向はあります。

それぞれの犬には、それぞれの犬の気持ちがあるんです。

犬が100頭いれば100頭の犬が同じ行動に出るとは限りません。犬それぞれに意思があります。
犬それぞれに、犬の気持ちがあるのです。
それぞれ生活環境も違うし、生まれ持った性格もあるのです。

小さい犬の気持ち

小さい犬で、人間の一方的な都合でしつけをされてしまった犬は、人を見ると、しきりに吠えることがあります。
怖くて吠えているのに、あの犬は馬鹿犬だなんてレッテルを貼るような馬鹿な事はしないで下さい。犬の気持ち分かってあげてください。

保護した犬の気持ち

ゴールデンレトリバーではありませんが、2007年に元の飼い主さんの都合で保健所で処分の手続きをされてしまって、
狭い所に閉じ込められ、あとは保健所に連れていくばかりというところで、なんとか保護した黒い大型犬りりーちゃんは、
我が家に来た当時、りきまるのボールを取り上げて咥えると、わが子を守るお母さんのようにそのボールを大事に守り、
人が近づくと怖い顔をして『ウーーーー』と唸っていました。
助けに行った時に撮った写真
保護してから病気が見つかって手術して、退院してからも

またしばらくこんな格好しながら怖い顔して唸っていました(笑)

前の家では空き缶のさびたものや、木の切れ端、さびた長い釘などで遊んでいたので、
りきまるの遊んでいたボールがとても楽しそうに見えて自分のものにしたかったのだと思います。
りきまるもとられたボールを取り返そうともせず、自分のボールをまた咥えてりりーちゃんの前に持ってきてあげたりしていました。
そうか、そうか、そうなのか・・・
りきまるが先生でした。私はボールを取り上げることや、うなることを叱ったりはしませんでした。
家にあるありったけのボールを全部集めて、さらにお店に行って子供のキャッチボールの用のカラーボールもたくさん買ってきて、
サッカーボール、バスケットボールも加えて、りりーちゃんのお部屋をボールだらけにして遊んであげました。
嬉しそうに、本当にうれしそうに無邪気に飽きるまで一個づつのボールを追いかけて遊び、気に入ったボールは自分の気に入った場所に集め・・・
そうこうしているうちに、1か月ほどで簡単にうなることをしなくなりました。
今の様子 りきまると仲良く暮らしています
殺処分されそうだった犬りりーちゃんを保護するまでの経緯
その後の様子などは、こちらをご覧ください。

ゴールデンレトリバーりきまるの気持ち

ゴールデンレトリバーの、りきまるは、とってものんびり屋さんで人懐っこい犬でした。
しかし、1歳6ヶ月の時、小型犬を連れていた人間の男性に、突然後ろから乗せろと馬乗りされて(まさかでした。ほんとうに体重かけられてしまいました)、
以後、男性を警戒するようになってしまいました。
●1歳9ヶ月の時 優しい人や犬に癒されながら犬にも人間に対しても安心し始めていた矢先、お友達に会えて遊びたくて吠えていたら、
近くにいた大型犬を飼っているしつけに厳しい女性(犬を虐待していると噂のある方でした)が、NO-!っと突然喉の皮をねじり上げ、
お前なんか投げ飛ばせるんだぞーと大きなドスのきいた男性のような声で怒り、屈服させられ、この時から完全に人を怖がり警戒するようになってしまいました(泣)。
飼い主も目の前で突然起きてしまった信じられない出来事に、恐怖で涙が止まらなくなりました。
(この女性が以前飼っていたラブは2歳になる前に事故?で亡くなったそうですが・・・
りきまるのようにされ投げ飛ばされてしまったのではないかと・・・重なって見えて悲しくて悔しくてしかたがありませんでした。
そして何か動物に関する資格を持っていると言っていましたが・・・
頼んでもいないのに、性格もわからない他人の犬に対して吠えたからと、
突然無責任な犬の犬生を変えてしまう暴力的な行為をすような資格を与える機関が本当に存在しているのでしょうか。
犬生だけでなく、飼い主の日々の生活までも変えてしまいます。
このようなことをする人間に安易に資格を与えてしまう機関が本当にあるのならば、困った世の中だと思います。
私も人間を十分警戒するようになりました。
これ以上被害にあうお友達が増えないことを願うばかりです。

ゴールデンレトリバー 気持ち

この4ヶ月間で、まだ体の小さかったりきまるは災難続きでした。未然に防げなかったのは、このような人間が身近にいるということを警戒せずにいた私の責任です。
そしてさらに怖がりになってしまい、雨の音や雷にまでさらに敏感になってしまい、体の震えがとまらなくなり、戻してしまったりするようになってしまいました。
今現在は、りりーさんが一緒にいるという安心感、レメディやアロマ、マッサージ、などで雷の音がしたときの呼吸困難になりそうな震え方などだいぶ緩和されてきていますが、人を警戒する気持ちはすべて消えたわけではありません。

犬のしつけ、犬の気持ちも考えて

犬のしつけの仕方、飼い方って、飼い主によって違うと思います。犬を自分の【物】として暴力的なしつけをしている人もいます。
しかしその犬は、幸せな顔をしていません。
犬が、その短い一生を、少しでも長く、そして幸せに送れるか、と言うことが一番大切なことだと思います。
飼い主が、自分にとって都合のいい犬にしつけるのか?
犬がその一生を幸せに送れるようにしつけをしてあげるのか?
あなたはどちらをしていますか?

このページは、保護した犬や猫、猿、鳥・・・などと幼いころから兄弟姉妹のように共に暮らし、ともに助け合いながら生きてきた動物好きな管理人が書いておりますので、近頃流行りの【犬のしつけ】というものに関しては未熟ですのでご了承ください。

人は、危害が及びそうになると、手を出して【やめて】と抵抗します。
同じように、犬はお口で【やめて】と抵抗します。



里親募集  →→  ゴールデンレトリバー 里親になる 里親になる
元飼い主に殺処分の手続きをされていた黒い犬 りりーちゃん♪幸せになりました♪
現在ゴールデンの、りきまる情報館でゴールデンレトリバーの、りきまると、5匹の捨て猫ちゃんたちと暮らしています。
ゴールデンの、りきまる情報館ブログへ ゴールデンレトリバー 里親募集

ゴールデンレトリバー 里親募集
後足を切られて放置されていた犬ビッコちゃん
りきまる情報館で幸せに暮らしました。








MENU
ゴールデンレトリバーの病気について

病気と予防接種

滑り止め

介護

フィラリア予防!
病気の早期発見チェックシート
肥満と病気の関係
りきまるの月別医療費
リラックスできる半身浴
お手入れ・ブラッシング

ゴールデンレトリバー◆犬雑学

動物愛護法改正で何が変わったの?
ゴールデンレトリバーが関連する裁判事例
ちょっと気になる肉球のお話
ちょっと気になるダニのお話
手作りの洋服

ゴールデンレトリバーと行こう

おすすめのお店(南房総版)
お散歩コース(南房総版)
ドライブコース(南房総版)
ゴールデンレトリバーと行く、旅行♪

ゴールデンレトリバーって?

特徴・性格
ゴールデンレトリバーって夢を見るの?
犬の行動Q&A
犬の気持ち★わかってあげて!

迷子・里親募集

迷子犬情報

里親募集のゴールデンレトリバー

 

ペット関連施設の検索・予約

ペット保険の比較・資料請求

ペットの資格・講座

ペットロス




MENU大型犬お役立ちペット用品

ゴールデンレトリバーなどの大型犬の生活に
役に立つペット用品を多数紹介しています。

お散歩

首輪
光る首輪
ブランドの首輪
名前入りの首輪
リード
光るリード
ハーネス
引っ張り防止
2頭引き用
キャリーバッグ
ブランドのキャリーバッグ
まいご札・ネームプレート
お散歩グッズ
アウトドア

アウトドア用品
虫よけグッズ

ドライブ用品
ブーツ
ライフジャケット
ラッシュガード

RuffWear(ラフウェア)

Hurtta(フルッタ)

Julius-K9(ユリウスケーナイン)
お洋服

洋服
レインコート
パジャマ
バスローブ
スヌード
靴下・ソックス
クールウェア
クールジャケット
クールベスト
クールバンダナ

迷彩服
光る服・コート

クリスマスの洋服
お正月の着物
ドレス・タキシード
お祭り用ハッピ・ゆかた

防寒着
お手入れ

パウケア(肉球のお手入れ)
爪きり・爪やすり
耳そうじ
歯みがき
抜け毛ブラシ
シャンプー用品
ペットバス
バスローブ
ドライヤー
ヘアリボン・エクステ
お食事

ドッグフード
国産フード
手作りごはん
フードお試しセット
おやつ
ケーキ
おせち料理
年越しそば
飲料水
サプリメント
食器
携帯用食器
給餌器
給水器
おもちゃ

丈夫なおもちゃ
ぬいぐるみのおもちゃ
おもしろいグッズ
プール
アジリティー
おうち

マット・ベッド
カドラーベッド
マットレス
クッション
冬向きベッド
撥水ベッド
抜け毛対策ベッド
ソファーベッド
屋外用ベッド
クールマット
ペットシーツ
トイレトレー
消臭用品
しつけ用品
抜け毛対策・掃除機
抜け毛のつかない布団カバー
防水マット
マルチカバー
階段の滑り止めマット
フローリングの滑り止めマット
廊下の滑り止めマット
床のリフォーム
ペットゲート
おしゃれな犬小屋
ウッドデッキ
屋外サークル
室内サークル

ケージ
ソフトケージ
階段
スロープ
介護

介護用品一覧
介護用ハーネス
介護用パンツ
紙おむつ
おむつカバー
布おむつ
介護用サポーター
介護用ブーツ
介護用ベッド・マット
体位変換クッション
おもらし対策
運搬用マット
担架・ポーター・カート
入浴用マット
かゆみ傷のケア
エリザベスカラー
ペット用包帯
介護用の洋服
車いす
老犬介護用ごはん


ひなたぼっこプロジェクト開発商品

(心の準備)
特集!!

ゴールデンレトリバーが役に立つ大型犬用品特集!!

大型犬と楽しむ☆夏☆特集!

クリスマス特集

超大型犬用品特集!

特集!!かわいい
ゴールデンレトリバーグッズがいっぱい!


愛犬用防災セット用意できていますか?

しつけの悩み解決特集♪

かわいいパウ柄(足あと柄)特集

子犬用品特集
セール・処分・アウトレット

このページのTOPへ

ゴールデンの、りきまる情報館HOMEへ